特殊機械で環境保全と業務効率化|流量計や土量改良機等について知る

流量計選定と導入メリット

メーター

産業界において洗浄や冷却といった場面での水の使用は多くあるでしょう。この時に使用する水の量を最も適切な水量に調整できたのならば大幅なコスト削減を実現することも可能となるでしょう。それを実現する方法として流量計の導入があります。
流量計というのはその名の通り水の慣れる量を計る特殊機器で、製品によっては液体ではなく気体の流れる量まで計測できるものもあるようです。この特殊機器の導入で、先ほどあげた洗浄や冷却で使用する水の最も適切な水量を知ることができ、的確に調整することができます。また、流量計はそういった用途以外においても幅広い活用法が期待されます。この流量計には様々なタイプがあり、その用途・目的に合わせたものを選択することによってその企業にメリットをもたらします。流量計を選ぶ際にはどういった液体の計測を行うのか、その液体の性質等の確認が必要となります。性質というのは液体の密度や粘度、伝導率、混入物、流量レンジ、流体温度・圧力、圧力損失といったものです。こういった性質を確認できたら次にどういった目的で測定したいのかを考えます。ここでの目的というのは石油類等の取引の正確な分量を測るために使いたいのか、企業内での水の節約の為に導入したいのか等といった目的が挙げられます。石油類の計測において、多く使用されている流量計は容積流量計と呼ばれるもので、計測する流動体のエネルギーによって運動子を回転させ、その回転数により計測を行なうものとなっています。このタイプのものは石油類の計測においても高い精度を発揮するので取引照明用に使用される計測機器の中では高い評価を受けています。企業の節水のために導入する場合には、省エネ対策向け管理用流量計をお勧めします。このタイプは企業内で使用された水量をデジタルに数字で表示し、社内でどれだけの節水が行なわれているのかを可視化することができます。数字を可視化することによって、企業内で働く1人1人の意識を変えることでより水量を節約していくことができるでしょう。

建設発生土の再利用可

工事現場

土質改良機は工事作業において発生した建設発生土を再利用可能な状態にすることが可能です。再利用可能な状態にすることにより、処分に掛かっていたコストの削減や時間の節約、環境保全等が実現できます。

もっと見る

残土を高精度に選別

工事現場

土木・建設工事現場では多くの建設発生土を残土処理しなくてはなりません。その建設発生土に産業廃棄物等が混入している場合には適切な処理が必要です。選別機を導入することによって、その用途ごとの選別作業が効率的に可能になるでしょう。

もっと見る

魚群探知機の振動子数

魚

魚群探知機というのは、現代の漁船にとって必要不可欠なものとなりました。適切な漁場の選定をより容易なものとすることにより、漁の効率の向上や1日の漁果ノルマの達成もより確実なものにすることができるでしょう。

もっと見る