特殊機械で環境保全と業務効率化|流量計や土量改良機等について知る

建設発生土の再利用可

工事現場

土木・建築工事現場において、工事作業を進める際に発生する建設発生土の処分に関して困っている工事業者は数多くいるかと思います。建設発生土の処分にはそれなりのコストが掛かり、工事業者としてもできるだけ無用なコストは避けたいところでしょう。建設発生土の処分にコストを掛けないためには再利用しか方法はありません。しかし、建設発生土は土としての質が悪いため再利用するのも困難に感じます。そんな問題を土質改良機が解決します。土質改良機を使用することで、質の悪い建設発生土を再利用可能な状態にすることが可能なのです。
土質改良機の中でも自走型のものは、工事現場においてより効率的に建設発生土を再利用可能な状態に作り変えることが可能です。ショベルカーの近くに自走型土質改良機を停め、ショベルカーの掘りだした建設発生土をそのまま自走型土質改良機のホッパーと呼ばれる箇所に流し込みます。そうすることで、ホッパーの反対側にあるベルトコンベアから建設発生土を再生可能な土として排出するのです。土質改良機を導入することで、今まで建設発生土に掛かっていたコストをカットすることができるようになり、処分に掛かっていた時間も大幅に削減することが可能です。また、発生させた資源を無駄なく再利用することによって環境保全に対しても大きな一歩になるでしょう。このように、土質改良機は工事業者において経済的なメリットだけでなく、環境面においてもメリットをもたらします。より良い未来のために、率先した導入が望ましいでしょう。