特殊機械で環境保全と業務効率化|流量計や土量改良機等について知る

残土を高精度に選別

工事現場

工事作業における残土処理では、コンクリートガラや産業廃棄物の混ざってしまっている建設発生土をそれぞれに分別する必要があります。特に、産業廃棄物に関しては適切な処分を行なわなければならないため、この分別作業は必須なものとなるでしょう。分別作業を行う際には選別機を導入することで、その作業がスムーズになり時間も手間も掛かりません。残土や土砂処分も容易なものとなるでしょう。
選別機は用途によって様々な種類のものを使い分ける必要があります。原石山の表土処理や蛇カゴ石、グリ石の採取、建設発生土の選別、コンクリートガラ、廃アスコンの選別等の残土処理を行ないたい場合には粗選別機の使用が好ましいです。粗選別機は二床式振動ふるい装置により精度の高い選別が可能で、建設廃材の選別に適しているのです。砕石ズリや細骨材の選別及び山砂、浜砂の選別、建設残土の選別、石炭、コークスの選別等の場合であれば細選別機が適しています。このタイプの選別機は水分を多く含む残土を処理することに特化した選別機で処理する量の増減によっての精度低下等が発生しません。他にも回転式選別機や大容量選別機、建設残土・土砂選別機等の様々なタイプが多く存在します。しかし、その用途ごとによって選別機を購入するのではコストが大きく掛かってしまいます。残土処理のための選別機は業者によりレンタルすることが可能なので、工事現場の用途にあったものをその都度、レンタルすることで無駄なコストを掛けることなく残土処理を行うことが可能になります。